お知らせ

令和4年4月1日より不妊治療の保険適応の内容が改正されました。 不妊治療にはご夫婦の同意確認が必要となります。

ご夫婦での受診(3ヶ月に一度)が必要になりますのでご理解いただきますようお願いいたします。 また婚姻関係・内縁関係の確認のため、 住民票(家族分)又は戸籍謄本の提出をお願いいたします。

不妊治療希望の初診患者様の受付を令和3年10月28日から再開します。

新型コロナウイルス感染予防や通院している患者様の診察待ち時間の短縮のため、しばらくの間、予約受付の人数を制限させていただきます。(子宮頸がん検診の方は除きます)

予約は、電話で午後3時半から5時までにお願いします。

来院される時には、自宅での検温、入室時のマスク着用、手指消毒をお願いします。発熱や体調不良の方は、来院する前に必ずご連絡下さい。

不妊治療で来院される場合、可能であれば、当院ホームページから、初診時の問診票をダウンロードして、必要項目を記入のうえ持参して下さい。

    新型コロナウイルスの感染拡大に対し、日本生殖医学会から、現状での不妊治療への対応に関しての声明が4月1日に発表されました。 重要な内容は、「国内での新型コロナウイルス感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる新型コロナウイルス予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨いたします。」という部分です。

当クリニックは、この声明を尊重し、皆様に現状を説明し、可能な限り皆様のご要望にお応え出来る体制で、不妊治療に対応して参ります。

なお、皆様には、来院時体温測定、マスクの着用(ご用意下さい)、クリニックの玄関でのアルコールによる手指消毒を必須事項としてご協力をお願いいたします。                              

令和2年4月5日    甲府昭和婦人クリニック 院長 永井聖一郎

長い間勤務しておりました私、吉田は3月末日をもちまして退職することになりました。

吉田婦人クリニックを開業してから26年間、沢山の方々と出会い、そしてご支援、ご協力いただき、お陰様で無事職務を全うすることができました。皆様方に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。              令和2年1月 吉田孝二